2009年11月25日

アートクレイシルバー

artclay.jpg

私が使い慣れているのは相田化学工業の純銀粘土「アートクレイシルバー」です。

(時おり他社さんのも使わせてもらってます)

相田さんは貴金属のリサイクル事業に創業当初から取り組んでいる会社で
その取り組みから生まれたのが新素材「アートクレイシルバー」です。

純銀の微粉末とバインダー(結合剤)、水とが練り合わさった水性の粘土です。

「銀粘土」って銀色の粘土?

って思われてる方もおられますが、真っ白です。

造形時、乾燥し過ぎないように注意しながら作るのがコツですが、簡単に水で湿らせたり、水を練りこんだり出来ます。

手指が汚れても簡単に水洗い、匂いも無く、扱いやすい素材です。

自由に伸ばしたり、丸めたり、

粘土の特性を活かして柔らかいうちに好みのテクスチャーをつけるのも容易です。

造形できたらヘアドライヤーやホットプレートなどで乾燥させます。

乾燥後は修正。乾燥体は水分のなくなった石膏状態になります。

表面のざらつきをきれいにしたり、

やすりなどで形を整えたり、文字や線を彫り込むのもこの段階で。

それを高温で焼成するとバインダーも消失し、銀の粒子同士が結合し、純度99.9%の純銀に。

仕上げはステンレスブラシや磨きヘラなどで磨きます。

ざらっと感のある梨地、白っぽく柔らからマット仕上げ、ピッカピカの鏡面仕上げ、黒とのコントラストを楽しむ燻し。。。

磨き具合もお好みで。


キュート、エレガンス、シャープ、クール、ナチュラル、ゴージャスetc・・・

あなたのお好みは?

ひとつの素材からどんなテイストも自由に作れてしまう☆

アートクレイシルバーの魅力ですね。


ささ、何を作りましょう?
・・・・・・・・・・・・・feel so good* も見てね♪




posted by alena at 17:10| Comment(2) | silver clay class | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お祝いメッセージ嬉しかったです(*^^*)アリガト♪

ところで、アートクレイシルバー☆
作品を拝見するだけでいつもどきどき
説明を聞けば聞くほどそそられます。

変わっていく過程を見たいっ・・・けど
なんやかんやと忙しく今年もあっという間に
過ぎてしまいそうです。
(12月のバイトは恐ろしく忙しいらしい・・ケーキ屋さんやもんね。仕方ないね・・・)
絶対に体験行きたいので
そのときは優しく教えて下さいね♪
Posted by Mako at 2009年11月26日 00:21
◆Makoさん♪

バイト頑張ってるね!
講師のお仕事、おうちのこと、プライベートも・・・充実した毎日☆何よりです^^v
ブログMakoちゃんにるんるんで会いに行ってるうちに、もう12月かよっ!!!って感じですよぉ。。。
滋賀と京都南・・・京都市内やらで行きたいところや行ったお店なんかが一緒だったりして、もどかしいやら嬉しいやら。

変わっていく過程を見ないまま、変わってしまったワタシにびっくりされないように・・・頑張ります*^^*
 
Posted by anela at 2009年11月26日 09:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。